喘息の原因・治療・喘息治療薬について

喘息は、空気の通り道である気道に炎症が起き、気道が狭くなる病気です。そのため肺への空気の流れが悪くなり、発作的に息が苦しくなったり咳がでたりします。喘息は非常に厳しい病気ですから、喘息の原因や喘息の治療方法が重要です。ほんブログでは、喘息の原因、喘息の治療、喘息治療薬などの情報についてご紹介します。

喘息
喘息

喘息の原因主にはアレルギーと気道過敏症ですが、自律神経失調、精神的な刺激、細菌およびウイルス感染、気管支のβ受容体の機能低下なども関与していると考えられます。これらが気管支筋の痙縮させ、その結果起こる肺胞への空気の流入減少などを引き起こします。

そのほか、喘息の原因として、激しい運動、ウイルス感染、飲酒、ストレスがあげられます。激しい運動や飲酒は、肥満細胞から化学伝達物質を放出させやすくします。また、気温の急激な低下、季節の変わりめ、台風接近前、たばこや線香の煙の吸入、満腹状態、女性では月経や妊娠なども喘息発作の誘因になります。

喘息の治療方法は、まずアレルゲンの発見とその除去(環境整備)、心身の活動性を健康な子供と出来るだけ同じように努めること(活動性維持)、必要な喘息治療薬を上手に使用すること(薬物療法)です。この3つをバランスよく行うことが大事です。

そのため、喘息治療薬には、
・発作治療薬:おこってしまった発作をしずめる
・長期管理薬(コントローラー):発作がおこらないように毎日継続する
の2種類があります。
喘息治療薬は発作がおこったときだけ使う薬で、長期管理薬は毎日続ける薬です。

吸入ステロイド薬
吸入ステロイド薬は強い抗炎症作用があり、喘息の治療に欠かせません。この薬は、ゆっくり、じわじわと効いてくるので効果が出始めるまでに3日~1週間ほどかかり、やめると効果がなくなってしまうので長期間、毎日続ける必要があります。

抗アレルギー薬(抗ロイコトリエン薬など)
アレルギーを引き起こす化学物質の中でも、ロイコトリエンは炎症や気道の収縮に関わっています。そのため、ロイコトリエンの働きを抑えることによって喘息の治療することができます。

ただし、喘息の治療としての抗ロイコトリエン薬は長期管理薬してのみ使用されます。他にもケミカルメディエーター遊離抑制薬を使用することによっても喘息発作を予防することができます。

β刺激薬
気管支を広げる喘息治療薬です。テオフィリン製剤と併用されることもあります。貼り薬のホクナリンテープは作用時間が長いので、明け方の発作をおさえるのに好都合です。比較的多い副作用として、手の震え、動悸などがあります。

あなたの健康をいつも支えています!

バイアグラは最も歴史のあって、世界で初めて認可されたED治療薬。安全性高いので、ED治療薬初心者に対して一番オススメ薬です。ED悩みがあったら、早速服用してみてください