喘息が発作する場合、どうすればいいのか?

喘息とは
喘息とは、気道にアレルギー性の炎症が続く病気です。喘息の人の気道は、健康な人に比べて症状がないときでも常に炎症が起こりやすいと言われています。炎症が起こると、気道が狭くなって空気が通りにくいです。炎症が続くと、突然の咳き込みや呼吸をするたびにゼイゼイ、ヒューヒューといった音がする喘鳴、息苦しくなる、といった症状が起こる場合、喘息の発作とされています。

喘息が発作する症状
喘息の場合、炎症がおこっている気道はとても敏感になっていて、正常な気道ならなんともないホコリやタバコ、ストレスなどのわずかな刺激でも狭くなり、喘息が発作します。喘息が発作する症状について、一番代表的な症状は呼吸困難です。他には、息切れ、喘鳴、咳などの症状もあります。それらの症状がだんだんひどくなっている結局、酸欠、体力が激しく消耗されることなどを伴い、更に死に至ることもあります。

喘息の発作の対応策
喘息の発作は命の危険がありますから、早めに対応方法を行うことが必要です。喘息の発作の対応策として、喘息治療薬を利用することは第一の原則です。それで、喘息を持っている患者は身近に喘息治療薬を携帯することが大切です。また、喘息の発作は、炎症を起こした気道の周りにある筋肉が、天候の変化、運動、薬、たばこの煙、大気汚染、ストレス、風邪などの感染症、年齢、心理の問題などの様々な原因で収縮することで引き起こされていますが、普段の生活で、周りの環境の清潔を保持する、激しい運動を避ける、喫煙を控える、ストレスをためない、規則正しい生活を送ることは喘息の発作の予防と症状改善に効果があります。